前へ
次へ

古銭買取を依頼する前に定義を知っておこう

古銭というのは硬貨だけと考えていませんか。
実は紙幣、つまりお札も古銭として取り扱われています。
そのため、古銭買取業者に買取査定を依頼する場合、硬貨と紙幣を分ける必要はありません。
両方ともそのまま古銭買取業者に渡してください。
熟練した担当者が査定を行い、相場に見合った適切な金額で買取査定をしてくれるでしょう。
なお、古銭というと江戸時代やそれ以前に発行された効果といったイメージを持つ人も少なくありません。
もちろんそれ自体は間違いではありませんが、それ以外にも元号が変わったときに数量限定で販売されている硬貨も間違いなく古銭として判断されます。
記念硬貨は五輪が行われた年などをはじめ、万博や元号の変更、新たな天皇の即位といった国内で大きなイベントが開催されたときに発行されることが多いです。
将来古銭で資産運用をしたいと考えるなら、今後発行される記念硬貨を保有し、十数年から数十年後に古銭買取業者に査定をしてもらうことが一番の近道となります。
現代では国が発行した家計のみが流通していますが、実は江戸時代には国以外のところが発行した紙幣があると知っていましたか。
古銭買取業者での高値買取が見込めるアイテムの一つとして、藩札とよばれる物があります。
かつて江戸時代は藩が国として機能していました。
そのため、地域を収める藩が通貨を発行することができ、藩内で流通されていたといいます。
歴史的な見地からも貴重な資料といえますが、それ以外にも金銭的な面でも高い金額につながる可能性が高いため、古銭買取業者に渡すときには、藩札に詳しい業者に相談してください。
希少価値が高いといわれている藩札の場合、高値が付くことも珍しくありません。
1枚で数万円するような希少価値の高いものも多く、買取額は相場によって異なりますが保存状態によって変わりますがたいてい数万年の価格が付くでしょう。
数量限定のアイテムであること、さらに地域限定のアイテムであることから古銭買取マニアには垂涎のアイテムとなっている可能性も高いです。

Page Top