前へ
次へ

古銭に傷がついている場合の古銭買取

家の中にある古銭を高値で古銭買取業者に買い取ってもらいたいのであれば、下準備が必要となります。
第一に保管状態をよいところにしておくことです。
ただし、汚れている古銭はあまり高い値段が付きにくいといわれているため、できるだけ汚れを落としておきたいと考えている人の気持ちはよくわかります。
しかし、磨くことによっては価格が下がってしまう可能性があるため、慎重に行動してください。
一般的な硬貨を磨くことは特に問題はありません。
しかし、古銭の場合加工をしたとみなされてしまうため、価値が減じてしまうといわれています。
もともと密閉できる空間に入れて保存状態が良い場合であれば、高値で買い取られる可能性が高い古銭も、古くなっているとある程度減額される恐れがあるため、注意してください。
現在あまりきれいではない硬貨であったとしても、古銭として今後密閉容器に入れて保存をしておくことでそれ以上価値が下がることはなくなります。
そのため、古銭買取業者に買取査定を依頼したとしても、ひどい痛みのある効果ではないと判断され、それまでの保存状態に準じた買取査定額となります。
ただし、普段から柔らかい布でやさしくなでるようにしていると汚れが少しずつ取れてくことも考えられるため、古銭買取業者である程度価値があるものと判断してもらえる可能性が高いです。
万が一傷がついてしまっている場合、そのまま古銭買取業者に出してください。
というのも、酸や重曹などで汚れを落としてしまうと、加工したとみなされるからです。
傷跡やある程度の汚れに関しては、古銭買取時において減額とはなりづらいと判断する古銭買取業者は少なくありません。
傷や汚れに関しても歴史的な価値がある可能性もあるためすぐに落としてしまわず、そのまま出すことが正しいポイントです。
特に加工していないことを正直に伝えるうえで、硬貨の汚れや軽微な傷は重要なポイントとなります。
傷がつきすぎてもよくありませんが、高価買取業者に加工したと思われないようにするためには、そのまま出して判断を仰いだほうがいいでしょう。

Page Top